【平成30年6月1日より】引っ越しキャンセル代が変わったぞ!【改正・標準引越運送約款】

この記事は約0分59秒で読めます。

平成30年6月1日より標準引越運送約款が改正されました。

それにより引っ越しの契約ルールが変わります。このページでは改正された標準引越運送約款を優しく解説します♪


消費者ニーズの多様化や、ドライバー、作業スタッフの不足等の課題に対応するため、解約・延期手数料の見直し等、標準引越運送約款が改正されました。

改正ポイント1:見積書の記載内容の確認日及び、解約・延期手数料率が変わります。

この改正により、直前の解約・延期が抑制され、事前に手配した車両やドライバー等が活用できない事態を防ぐことなどを期待しています。

見積書の記載内容の確認日について

改正見積書に記載した荷物の受け取り日の2日前までに、見積書の記載内容の変更の有無について確認。

⇒改正見積書に記載した荷物の受け取り日の3日前までに、見積書の記載内容の変更の有無等について確認

※お見積をした後に契約の内容を必ず確認します。その連絡が2日前から3日前になったということ。そこまで気にならない内容だと思います。

解約・延期手数料について

改正

  • 引っ越し当日の解約・延期⇒運賃の20%以内
  • 引っ越し前日の解約・延期⇒運賃の10%以内
  • 引っ越し前々日の解約・延期⇒無し

改正

  • 引っ越し当日の解約・延期⇒運賃及び料金の50%以内
  • 引っ越し前日の解約・延期⇒運賃及び料金の30%以内
  • 引っ越し前々日の解約・延期⇒運賃及び料金の20%以内

※キャンセル代が上がったという点と料金も含まれるところがポイント。引っ越し代は運賃と作業代で出来ていますからね。この運賃+作業代がここでいう『料金』となります。エアコン工事や家電品購入は含まれていませんね。

改正ポイント2標準引越運送約款の適用範囲が拡大されます。

この改正により単独世帯の引越しなどで利用されている『積み合わせ運送による引っ越し』にも標準引越運送約款が適用されることになります。

改正

貸し切り引っ越し(車両を貸し切って行う引越し)

改正

貸し切り引っ越し(車両を貸し切って行う引越し)+積み合わせ運送(1台で複数の引越しを行う)

※長距離の場合です。


※改正における注意点

ロールボックス等の容器単位での価格設定となっている単身者向け引っ越しサービス等については、標準引越運送約款によらない旨を引っ越し事業者があらかじめ予告した場合は適用されません。

※ヤマト運輸などの単身パックを販売する業者用ですね。ヤマトホームコンビニエンスに依頼すると標準引越運送約款が適用されないということです。良いとか悪いとかはありません。独自の約款を持っているということです。

経過措置

平成30年6月1日より前に見積書が作成された引越運送については、平成30年6月1日以降に実際の引越しが行われる場合であっても、改正前の標準引越運送約款が適用されることになります。

※平成30年5月25日に『見積もり』をして『引越し予定日』が8月20日だった場合でも適用されるということです。(もちろん見積もりの有効期限は3ヶ月です)

平成30年に改正された最新の『標準引越運送約款』をよく確認しましょう。

運送事業者は、国土交通省が定めた『標準引越運送約款』に基づくルールにより引っ越しを行います。この約款は、見積もり時にお客様に提示することになっていますので、必ず内容をご確認ください。『標準引越運送約款』の全文は全日本トラック協会のホームページにも掲載されています。※一部の事業者は許可の受けた独自約款を使用しています。

※引っ越し会社にもよりますが通常、訪問見積もりの場合、パンフレットに記載されていたり、見積書の裏に記載されていたりします。電話で契約した場合は見積書を郵送してもらい、内容を確認してましょう。

参考:国土交通省HP全日本トラック協会

まとめ:改正標準引越運送約款

如何でしたか?この内容は結構大きな変更です。引っ越し業者を保護するための内容だと思います。

例えばホテルのキャンセルは当日なら100%ですよね。そこまでは出来なかったようですが、引っ越し業界的には一歩前進という感じでしょうか。

またインターネットの普及により一括サイトで依頼したものの契約したかどうか忘れてしまう、相見積もりを一斉に取り他社をキャンセルし忘れているということが多発しています。それをカイゼンしたかったという内容ですね。

少しでも役に立てればと思います。

↓↓↓↓↓↓
→→大手引越し業者を無料一括サイトで見積もる!←←