『引っ越し難民』とは?悲劇が起こる前にやるべきこと2つ

この記事は約0分25秒で読めます。

『引っ越し難民』とは?悲劇が起こる前にやるべきこと2つ

『引っ越し難民』とは、引っ越しをしなければならないのに引っ越しを引き受けてくれる業者が見つからず引っ越し出来ない人のことです。

『引っ越し難民』という言葉が生まれたのは2018年繁忙期前(3月~4月)のことです。

ところでナゼ『引っ越し難民』という言葉が出たのでしょうか?

⇒それは引っ越し業界全体で問題視されている『人手不足』から来ています。

毎年3月は来るのにナゼ人手不足になるの?

1つ目は家具や家電など大きくて重たい荷物を運ぶ重労働のイメージがどうしてもある引っ越し業界。なので慢性的に人手が集まりにくいということです。

2つ目は『働き方改革』により『残業』が少なくなります。しかし、引っ越しをしたらわかりますが時間通り進みにくいことも引っ越しの特徴です。労働時間の削減により対応出来る引っ越しの件数が減ってしまいます。

3つ目は『引っ越し業界』では無くヤマト運輸などの『宅配業界』が労働環境改善に着手。それにより『引っ越し業界』から『宅配業界』へ人材が流れました。

結論!『引っ越し難民』にならない為にはどうすべきか?それは・・・

まず『引っ越し難民』にならない為にすること、1つ目は『分散引っ越し』をすることです。そして2つ目は『引っ越し一括サイト』を利用すること。コレは絶対ですね

『分散引っ越し』とは3月17日から4月10日ごろまでのいわゆる『混雑が予想される日』以外の日に引っ越し日を分散させることです。

本人(だけ)引っ越しをして、後日5月、6月などの『忙しくない頃』に家族の引っ越しをするなど2回に分けるということです。非常に効率的に引っ越し費用を抑えることが出来るはずです。

如何でしたでしょうかこの2つの取り組みをすることにより、『引っ越し難民』にならないようにしたいですね。又『引っ越し費用』を安く済ませたいですね。

↓絶対安い!上記3社以上の見積もりを一斉に比較出来るサイトです↓